« Re: おわりに&あとがき(親指シフト導入記27) (@京都のほんの片隅から) | トップページ | Re: 世界標準のキーボード (@風の探検隊) »

2011/12/21

Re: 受難 (@下手な考えの読書日記)

親指シフトユーザーと宣言する意味
http://d.hatena.ne.jp/yasumuni/20111219/1324310671

カバーの折り返しの著者紹介に「親指シフトユーザー」の文字を見つけた。奥付を見ると2002年第1刷。なぜ2000年代にいたってまだ親指シフトなのか。誰に向けたメッセージなのか。その無意味さ加減に「きっと素敵な人なのだろう」と思う。

自分が親指シフトユーザーであることを他人に向かって言うことの意味はそれぞれ違うと思います。その行為自体の効果は実のところ不明で、もしかしたらここに書かれているように無意味なのかもしれません。

それでもこういう宣言をする親指シフトユーザーがかなりいるというのは事実です。その根底にはやはり親指シフトを好ましく思う気持ちが共通にあるのです。

親指シフトは当初からそうしたユーザーを抱えてきました。今もそれは続いています。それだからこそ親指シフトを使う環境は維持されているのです。

親指シフトユーザーの皆さん、他の人にどう思われるかは別としても、自分が親指シフトユーザーであることをカミングアウトしてみませんか。

|

« Re: おわりに&あとがき(親指シフト導入記27) (@京都のほんの片隅から) | トップページ | Re: 世界標準のキーボード (@風の探検隊) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42532/53531735

この記事へのトラックバック一覧です: Re: 受難 (@下手な考えの読書日記):

« Re: おわりに&あとがき(親指シフト導入記27) (@京都のほんの片隅から) | トップページ | Re: 世界標準のキーボード (@風の探検隊) »