« Re: やったぜ! 新ポメラ  ワラジ形コンピュータへの愛と親指シフトについて (@ASCII.jp) | トップページ | Re: 受難 (@下手な考えの読書日記) »

2011/11/21

Re: おわりに&あとがき(親指シフト導入記27) (@京都のほんの片隅から)

親指シフトに興味ある人は必見です。
http://dohenkutsu.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/27-d440.html

さて、26回に渡って連載してきた「親指シフト導入記」であるが、今回の記事をもって、とりあえず一区切りをつけさせていただくことにしたい。このテーマについて筆者の言いたかったことは、前回までの記事でほぼ書き尽くした感があるからだ。

表題で分かる通り、27回の連載となった親指シフト導入記が一区切りとなりました。著者は入力方法を親指シフトにしようとして、いろいろな方法を試されました。それが時間の経過を追って述べられています。

親指シフトについてこれだけまとまって詳細に述べられているものはこれまで見たことがありません。ずっと読んできましたが、大変役に立つし、親指シフトの普及にためにも大きな貢献となっています。大きな感謝を差し上げたいと存じます。

すべての論点に関して私が詳しいコメントをする能力はありません。もっといえば、書かれていることはほぼ納得がいくものです。その意味で安心して読むことをすすめられます。

以下は全体を通しての私の感想です。

1. 実際に親指シフトを使ってみようと思ったときからの経過を、心の中まで含めて詳しく書いています。あとから振り返ると回り道だったと思えることまで、どのような考えでそのようなことをしてその結果がどうだったかが書かれています。もちろん、現在の達した時点から見ることによるバイアスがまざる可能性もありますが、それでも、親指シフトを常用している人が忘れがちな覚えるまでの途中経過が記されているのは貴重です。

2. 親指シフトに関してこれまで公表されている結果を、著者はできる限り広く調べてその上でとるべき選択の判断材料としていることが伺われます。学術論文ではないので、引用文献の索引といったものがあるわけではありませんが、豊富なリンクや引用がそれを示しています(ありがたいことに拙文をとりあげているところもあります)。これらのリンクをすべて見ることも親指シフトの理解に大きく役立ちます。

3. こうした著者の姿勢から、親指シフトに関する事実に関してはほぼ安心して読み進めることができます。また結論としてあげられている命題についても納得がいくものです。

4. その上で私が感じたかすかな違和感をあげるとすれば「入力方法の違いがどのように最終結果、すなわちできた文章に影響を及ぼすか」についてでしょう。 http://dohenkutsu.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/22-63d3.htmlhttp://dohenkutsu.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/23-8948.html に書かれていることは、確かにそのようなことがあってもおかしくはないとは思いますが、私はそこまでは思わず、むしろ入力方法のいかんにかかわらず、文章の質は著者の考え方が第一義的には大事であるとした方が良いと思っています。もちろん、著者は用心深く、

要は、NICOLA入力を「魔法の杖」であるかのように勘違いしないことである。

これは親指シフトに限らず、マインドマップやKJ法といった発想支援ツールにも当てはまることだが、その熱狂的な唱道者の中には、あたかもそのツールを使えばアイデアが湯水のように湧き出してくるかのような言説を垂れ流す人が少なくない。

とも述べていることは指摘しておきます。

5. いずれにしても、この連載は大変役立つもので、私は感謝をしてもしきれない気持ちです。大変なものが出ました。

|

« Re: やったぜ! 新ポメラ  ワラジ形コンピュータへの愛と親指シフトについて (@ASCII.jp) | トップページ | Re: 受難 (@下手な考えの読書日記) »

コメント

 杉田さま
 トラックバック、ありがとうございます。「京都のほんの片隅から」管理人のshibueです。
 この度は当方の長々しい連載記事に目を通していただいたばかりか、過分にお褒めの言葉までいただき、まことに恐縮至極です(汗)
 おそらく私が書いたような体験記は、多くの親指シフターが自分のブログやHPなどで断片的には書いていることだと思います。ただ、それをひとまとめにしてシリーズ化したことで、読者の方が全体の習得過程をたどりやすくなったかな、とは自負しております。
 また、自分の失敗や遠回りの経験は、最初からつぶさに書くつもりでした。そうした方が記事の内容が面白くなりますし(笑)、「誰もがいろいろと躓くんだ」と知ることで、親指シフトに対する一般ユーザーの敷居も少しは低くなるのではと考えたからです。
 なお、NICOLA(文節変換)が文章作成に与える影響についてですが、ご指摘のとおり、結局は個人差によるのかもしれません。
 ただ、ローマ字入力からカナ入力(NICOLA)へと移行したばかりの時は、その快適さ(読みの入力が一打鍵で済む)のあまり、ついつい文章が走ってしまうことが(筆者ならずとも)よく生じるのではないか、という気もします。
 この効果が(移行期特有の)一時的なものなのか、NICOLA&文節変換というスタイルに内在するものなのかは、今後の観察に委ねたいと現時点では考えております。
 長くなりました(汗)。「あとがき」でも書きましたが、これから個人的に忙しくなりそうなので、当面は親指シフト関連の記事はアップできないかもしれません。
 その間は、杉田さまのブログやツィッター記事などで、親指シフトの最新情報をフォローしていこうと思っています。今後ますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
p.s. 当ブログに『親指シフト導入記』の目次一覧をアップしましたので、そちらの方もご利用いただけると幸いです。
 以上、取り急ぎご連絡まで。

投稿: shibue | 2011/11/22 20:11

shibueさま
こちらへようこそお越しいただきました。
本文に書いたことの繰り返しになりますが、素晴らしいものを世に出していただき感謝します。
親指シフトユーザーが親指シフトについて書くと前のめりになりがちで、気をつけないと突っ込みどころ満載のものになってしまうおそれがあります。
今回の連載は抑制の効いた筆致で、安心して読める親指シフトの勧めとなっていることがとてもうれしく思います。
これはshibueさまの文章力の賜物であり、同じ親指シフトを使っている私が書こうとしてもできないものです。これは親指シフトが文章の質まで保証しないことの証明ですね(笑)。

投稿: 杉田伸樹(ぎっちょん) | 2011/11/23 21:06

親指シフト常用しているものです。いつもチェックさせていただいております。親指シフト導入記も参考になりますね。

最近、フェイスブックを始めたので、「いいね」を押せるようにしていただくと、連携しやすくなり、助かります。

投稿: テン☆ | 2012/02/13 14:29

テン☆様

返事が遅くなりすみません。「いいね」を押せるようにする設定を勉強しますので今しばらくお待ちください。

投稿: 杉田伸樹(ぎっちょん) | 2012/02/18 14:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42532/53301561

この記事へのトラックバック一覧です: Re: おわりに&あとがき(親指シフト導入記27) (@京都のほんの片隅から):

« Re: やったぜ! 新ポメラ  ワラジ形コンピュータへの愛と親指シフトについて (@ASCII.jp) | トップページ | Re: 受難 (@下手な考えの読書日記) »