« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の記事

2010/07/15

Re: 新型親指シフトキーボード「Thumb Touch(サムタッチ)」FKB7628-801発売開始!(@秋沙のココログ既知ログ)他5件

親指シフトユーザーが待っていたニュース。
http://akisa.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/thumb-touchfkb7.html

もっと遅いかと思っていましたが、発売開始されました。

今まで焦らされてきた親指シフトユーザーの待っていたニュース、新しい携帯型親指シフトキーボード [FKB7628-801]の発売(出荷は8月下旬から)です。親指シフトユーザーも早速反応しています。

携帯型親指シフトキーボード 正式発表(@ICOの秘密)
http://weblog.icofit.net/archives/4832.html

おおっ。正式名称は「サムタッチ(Thumb Touch)」ですか! こりゃ新しい展開だ!

まさしく私も「おおっ」という感じです。親指シフトという言い方はもう定着していますが、実は「シフト」というのは正確ではないとの意見もあります。英語で大文字を入力するときに使う、小指でシフトキーを先に押しておいて文字キーを押す(その間、シフトキーを押し続ける)やり方と、親指シフトの「同時打鍵」とは異なったものだからです。

新しい名称がこのことを考慮したのかはわかりませんが、これが親指シフトを知られるきっかけになってほしいものです。

薄型軽量の親指シフトキーボードが8月下旬に発売(@Porch の日記)
http://slashdot.jp/~Porch/journal/511483

私は全然使わない人なのですが、親指シフトが忘れられないという人や、体が覚えていてついつい押してしまって困っている人は要チェックかも(?)

親指シフトを使わない人でもこのようにブログ記事にするということは親指シフトへの関心の高まりでしょうか。そうであるならば、この機会をぜひ活用したいですね。

富士通コンポーネント、薄型軽量の親指シフ(@バイクバイク小技集&PC最新情報!)
http://blog.livedoor.jp/baikb/archives/1266463.html

2010-07-15 17:24:34 : 富士通コンポーネント、薄型軽量の親指シフトキーボード

そうです、このように書いてくれるだけでもうれしいのです。

親指(@[y22] バーチャルネットストーカー・ヨシミ22歳R)
http://y22.sblo.jp/article/39648425.html

でも、普通のキーボードが980円で買える時代に、15000円。
なかなか厳しいわあ! テンキーもないですし!

親指シフトユーザーにとっても価格は大きな関心事でした。15000円程度というのをどのように考えるかはもちろん人により違うでしょう。私の予想はだいたいこの位だと思っていました。でも、確かに普通のキーボードの相場からすればずいぶん高いというのは自然な感想だと思います。

ファムファタール(@HyperClub)
http://hyperclub.blogzine.jp/hyperclub/2010/07/post_2ad7.html

富士通のオアシスだった。打鍵スピードが最速と云われる親指シフトキーボードだった。車を一台手放すほどまだまだ高額だった。

とはいっても、今度の親指シフトキーボードを買うのに車一台を手放す必要がないのは素直に喜んでいいのでしょう。

------
Twitterでも新しい親指シフトキーボードは話題になっています。「親指 シフト」で検索してみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/14

Re: 2010/07/13:ニホンゴ、ダイジョーブ?(@Android★SQUARE)

親指シフトが普及しないのはどうしてなのか。
http://blog.livedoor.jp/an_square/archives/51488256.html

たとえば親指シフトキーボードなんて覚えると入力が楽しいなんて話は聞くけど、今は使う事すらできませんからね。
これはイカンですよ。
(「親指ぴゅん」とかで強引にやる方法もあるけどね。)

【補足】
アクセスさんにて親指シフト関連機器を取り扱っています。
「使う事すらできない」というのはちょいと言い過ぎだったようです。

正直言って今の劣悪な日本語入力環境は、技術者の怠慢が招いた事態だと思う。(もちろん何もしていなかった訳ではない事は重々承知の上での発言です)

補足で書かれている通り、親指シフトはいまでも使うことができます。私が指摘したわけではありませんが、補足を書かれたことに感謝します。もちろん、使われているといっても親指シフトが普及していないのは私も認識しているし、それは残念なことだと思います。

ただ、親指シフトが普及しないことを含めて、今の日本語入力環境が劣悪であるのがどこに原因があるかというと、ここで書かれているような「技術者の怠慢」とすることには違和感があります。物事が普及するということは社会で受け入れが進むことです。それはすぐれて社会的な現象であり、技術の問題だけではないと私は考えます。

技術者としても、社会が欲しがっていないと思うようなものを作ることはやりたくないはずでしょう。

親指シフトが普及しないのは技術的な問題ではなく、社会がそれを受け入れるという態勢になっていないからなのです。もちろん、それは売り込みがうまくなかったということもあるでしょう。富士通以外のメーカーでの採用が進まなかったこと、規格(JIS)化ができなかったことなど、今から言えば後知恵のそしりは免れませんが、もっとうまくできなかったのだろうかと思うこともあります。

親指シフトが普及しないのは技術の問題ではなく、社会的あるいは、 -あえてこういう表現を使いますが- 政治的な問題なのです。だからその解決には技術以外の面での知恵が必要なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/07

Re: 夢のようなお話 iPhoneで親指シフトができるってホント!? (@ふえる sigmarionさん)

夢か現か幻か。そこまでして親指シフトを使いたいのか(笑)。
http://uzuraman3.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/iphone-6aca.html

そこでこのRemoteKey。そうなんです。MacをTeslaで親指シフト化していれば、Macで入力してiPhoneにreturnで転送な んで、あたかもiPhoneで親指シフトしている快適さで入力ができてしまうんちゃうのん?って思いついてしまったんです。230円という投資は果たし て…!

はい、できました。この方法なら、親指シフトで入力した文字をiPhoneへ瞬時に送れます。

いやこれはすごいですね。考えてみると、マッキントッシュの機能の内、文字入力だけを使うというきわめて贅沢なものになっています。これに比べたら親指シフト専用キーボードなんて安いもの?!

親指シフトを使わない人には分からないかもしれませんが、そこまでしても親指シフトを使いたい人は実際いるのです。そして、それだからこそ親指シフトをどのような環境でも使えるようにする工夫はされ続けるのです。

親指シフトはよく絶滅危惧種と言われますが、事実はまったく反対で、新しい専用キーボードは出てくる、各種のソフトは開発されるということで、しっかりサバイブしているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »