« Re: いいのか悪いのか。(みーたの日記)他2件 | トップページ | Re: 携帯できるスリムな親指シフトキーボード(試作機) (@ICOの秘密) 他1件 »

2010/05/02

Re: 2010年4月21日水曜日の現状報告4 (@視点色々)

うわ、大量の親指シフト動画が!
http://ameblo.jp/sangokusi852/entry-10501902351.html

親指シフトの動画を載せてみたいと思います。

(中略)

相当長くなりそうなので、今のところ、親指シフトの動画は、予想ですが。200ぐらいになりそうです。一つの動画が、10分と計算しても、2000分の動画になってしまいそうです

「親指シフト練習」というソフトを使って親指シフトを練習している様子を動画にしてアップされています。親指シフトを練習する経緯や、どのような環境(ハード、ソフト)で親指シフトを実現しているのかなどが不明ですが、この動画の量はすごいです。

私も全部拝見したわけではないですが、親指シフトを練習している過程がよく分かり、どのような間違いをしやすいのか、打鍵速度と入力文字数の関係など、親指シフトを練習しようとする人にも大変有益な情報を提供しています。

すでに親指シフトを日々使って文章を入力する作業をしている人は、親指シフトを初めて習ったときのことを忘れてしまっている人が多いのではないでしょうか。どのようにして覚えたか、どんなところでつまずいたかといった情報は使っている本人にとってはすでにあまり重要ではなくなっているからです。

でも、親指シフトをこれから学ぼうとしている人たちにとっては、こうした情報は不安を解消するのに大きな役割を果たす可能性があります。

このビデオをそうしたことを思い出させてくれました。親指シフト普及にもプラスになることだと思います。どうもありがとうございました。

|

« Re: いいのか悪いのか。(みーたの日記)他2件 | トップページ | Re: 携帯できるスリムな親指シフトキーボード(試作機) (@ICOの秘密) 他1件 »

コメント

ご紹介していただいたものですが。なかなか親指シフトが上達しないで、このまま親指シフトを練習し続けるかどうか、迷っています。

特に、

右手ですと よみぬに
左手ですと れもぃや

などは、ローマ字入力と比べて打ちづらいなぁーと思っております。


自分が使っているキーボードと、

よみぬに れもぃや 

をうとうとしている様子を三洋のザクティDMX-CG11でとりました。ご意見をいただけると幸いです。

http://ameblo.jp/sangokusi852/page-75.html#main

投稿: | 2010/05/12 17:10

動画を拝見いたしました。これらの文字はいずれも人指し指の親指同手打鍵ですね。

動画の中でおっしゃっているように、このキーボードですと、親指を内側に折り曲げなければならず、大変窮屈な運指になります。

根本的な解決はやはり専用キーボードしかないと思います。その他としては、配列を替える方法があります。例えば、ある方は右側の文字配置を右に一列ずらした形にしています。また、別の方は、人指し指を極力使わないような配列(例えば飛鳥)を推奨しています。ただ、私自身は親指シフトキーが使いにくいのを配列でカバーしようとするのは本末転倒で、効果も専用キーボードには劣ると考えています。

投稿: 杉田伸樹(ぎっちょん) | 2010/05/12 23:16

早速のコメントありがとうございます。


過去に:FKB8579-661というキーボードを使ったことがありましたが。親指シフトを中途半端に挫折してしまい、手放してしまいましたが。

もう少し、今使っているマイクロソフトのキーボードで練習をして、それでダメだったら。また、:FKB8579-661を購入しようかと思います。

よみぬれもぃ などをのぞくと親指シフトは打ちやすいのですが。


コメントありがとうございました。

投稿: | 2010/05/13 10:19

残念ながら661は製造中止になってかなり経ちます。もう市場で新品を手に入れることはほぼ不可能です。現在販売されている親指シフト専用キーボードは2種類ですが、どちらもフルサイズ(テンキー付き)なので、スペースが限られている場合はつらいものがあります。

専用キーボードに準ずるものとしては、JISキーボードでスペースと無変換キーの境界が「B」の下に来ているもの(俗にB割れと称されている)を使う手もあります。どういうわけか安いキーボードに多く、キータッチは最悪というものが大半ですが、少なくとも親指シフトキー(無変換とスペースキーを使う)の位置はまあまあ我慢できるものになります。こうしたキーボードを使うときは、親指シフトキーに何かを張り付けて少し高くするということをしている人もいます。ご参考までに。

ところで私も親指シフト練習を久しぶりにやってみようと思ってインストールしたのですがどういうわけか常用しているKB232+Japanistでは親指シフト入力の練習ができなくなっています。661を使ったときはできたようなので、ちょっと不思議な感じです。

投稿: 杉田伸樹(ぎっちょん) | 2010/05/13 22:30

661は製造中止になってしまったのですか、大変残念です。


親指シフトキーに何かを張り付けて少し高くするということをしている人もいます。ご参考までに

ということは、全く考えていませんでした。参考にさせていただきます。


コメント
ありがとうございました。

投稿: | 2010/05/16 23:34

親指シフト用にキーボードを改造している方は結構います。分かりやすいものの一例としては
http://homepage3.nifty.com/mstart/dream/index.html
があります。じっくりご覧ください。

投稿: 杉田伸樹(ぎっちょん) | 2010/05/17 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42532/48246069

この記事へのトラックバック一覧です: Re: 2010年4月21日水曜日の現状報告4 (@視点色々):

« Re: いいのか悪いのか。(みーたの日記)他2件 | トップページ | Re: 携帯できるスリムな親指シフトキーボード(試作機) (@ICOの秘密) 他1件 »